モバイルWi-Fiルーターで人気なのは

モバイルWi-Fiルーターの中でもWiMAXは、高速でインターネットを利用できることで人気です。

このWiMAXには3種類の通信モードがあります。以下この記事では、それぞれのモードがどのようなものかについてご説明します。

WiMAXの3種類の通信モード

冒頭にも書きましたように、WiMAXには次のような3種類の通信モードがあります。

  • ノーリミットモード
  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード

ノーリミットモード

ノーリミットモードは、下り最大13.3Mbpsです。

このノーリミットモードは、WiMAXを提供しているUQ WiMAXの公式HPに「速度制限ナシのWiMAXをご利用いただけます」と書かれてある通り、2+ではないただのWiMAXのことですので、これから新たにご利用になる方は少ないでしょう。

現在主流である、WiMAX2+で使用できるのは、以下のハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードです。

ハイスピードモード

ハイスピードモードは、UQ WiMAXの公式HPに「標準モード」とかっこ書きされているように、現在主流の通信モードです。下り最大220MbpsのWiMAXがご利用できます。いくつかプランがありますが、なかでもギガ放題プランは月間の使用料が無制限で使えます。

ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードは、ハイスピードモードに加えて、auの4G・LTEが利用可能な通信モードです。

このため、 ハイスピードモードよりも通信可能なエリアが広いです。

ただ、ハイスピードプラスエリアモードには、次の2つのデメリットがあることにご注意して下さい。

別途月額オプション料がかかる

第一のデメリットは、別途月額オプション料金が1,005円かかるということです。

月間の使用量が7GBを超えると128kbpsに速度制限される

第二のデメリットは、 月間の使用量が7GBを超えると128kbpsに速度制限されるということです。この遅さでは、Youtubeの視聴はまずできませんし、ホームページの閲覧にも時間がかかってしまいます。

そして、この月間7GBでの速度制限はギガ放題プランにも適用されます。

さらに、ハイスピードプラスエリアモードでの通信が7GBを超えた後でハイスピードモードに戻しても、送信速度は回復しないことにも注意しなければなりません。



TOP PAGE