どのようにつなげるの?

ポケットWi-Fiが1つあれば、家でも外出先でもインターネットを楽しむことが出来ます。1台あれば、一度に10台までの機器と接続させることが出来ます。そんなポケットWi-Fiを使用するためには、設定を行わなければなりません。この設定を行わなければ、他人が勝手に無線LANを使用してしまったり、通信内容を盗聴されてしまう恐れがあります。という事で今回は、「ポケットWi-Fiの認証方式」について見ていきましょう。

Wi-Fiはどのようにセキュリティ対策をしているのか?

先程少し触れた、「Wi-Fiのセキュリティ対策」についてもう少し詳しく見ていきましょう。Wi-Fiの電波は、近隣住宅・オフィス・公共の場所の無線LAN等のように、不特定多数の人が使用しているのです。その為、自分が使用している通信データが他人に知られてしまう可能性があるという事です。他人への情報流出を防ぐために、Wi-Fiのセキュリティ対策は欠かせないのです。

さて、Wi-Fiのセキュリティ対策は大きく分けて2種類に分類できます。

  • 暗号化
  • 通信データを暗号化することで、データの盗難を防ぐための機能。

  • 認証
  • 不特定多数の端末からのアクセスを防止するための機能。 

この2タイプのセキュリティ対策を使い分けることで、セキュリティをより強いものにしているのです。

認証の種類について

それでは上記のセキュリティ対策について、より詳しく見ていきましょう。ひと昔前は、「WEP」という暗号方式が使用されていました。しかし、この暗号方式のみではすぐに解読されてしまう危険性があります。そこで、TKIPと呼ばれる暗号化方式と、WPAという認証方式が新たに作られました。という訳で、現在使用されているセキュリティ強度の中で最強なのは、「wpa2-AES」という組み合わせになります。

SSIDとは?

最後にSSIDについて説明します。あらゆる機器をWi-Fiに接続する際に必要となる「アクセスポイント」というものがあります。このアクセスポイントとは、中継地点の役割を果たしている親機のこと。アクセスポイントはひとつひとつ固有の名前があります。その名前の事をSSIDと呼んでいるのです。スマホや、パソコンのWi-Fi設定画面では、多くのSSIDが並んでいます。その中から、自分の使用したいSSIDを選んで、接続します。このSSIDは任意の物に変更できるので、よりセキュリティの向上が出来ます。



TOP PAGE